ブログ移転作業中!           レ(゚Д゚#)ヘ=З=З=З

壁画を描き続けるアートの街・茨城県取手市に新作巨大壁画が完成!

どうも!

意外と知られていないと思いますが
茨城県取手市アートで勝負する街!
だったりします。

「東京芸術大学」のキャンパスが
(なぜか)取手にあるんです。

それもあり
取手アートプロジェクト(タップ)
という組織を立ち上げ、
東京芸術大学、市民、郷土作家及び行政が
一体となってアートを推し進めていく
流れがあるのでした。

そのタップの活動の一環として
『壁画によるまちづくり』
というものがあります。
 

※過去作品についてはこちら
壁画によるまちづくり/取手市

で、このたび
新作が取手駅近くに完成した
ということで
ちょっとみてきました。

市の壁画13作目だそうです。

万が一見に行ってみたいって人が
いるかもしれないので
駅からの道も軽く紹介しますね。

まずJR常磐線取手駅
関東鉄道常総線取手駅
の西口を出ます。
(※東口からも行けます)

IMG_0981.JPG
駅を出て右を向くと
屋根付きの歩道があるので
そこをテクテク最後まで行きます。

IMG_0982.JPG
すると突き当たって
T字路に出るので右折します。

そこには線路の上を渡れる
四ッ谷橋というのがあるので
渡っちゃいます。

IMG_0979.JPG

IMG_0978.JPG
橋の向こうには
取手一高がみえますね。

IMG_0980.JPG
で、渡っている途中
かるく振り返ると…

IMG_0977.JPG
なんか見える!!!
アレか!

ということで
コレが新しく描かれた壁画クンです↓

IMG_0972.JPG
なんかアート!!!

IMG_0971.JPG
引いてみるとこんな感じ。
場所的に常磐線・常総線の車窓からも
みることができますね。

横長なので
左右別々にアップ写真もどうぞ。

IMG_0973.JPG

IMG_0975.JPG
うーむ
ごくごく一般人の私には
何を意味しているのか
よくっわかりませんでしたが
とにかくアートですね!!!!

ツイッターには
描いている最中の様子も
あがっていました。
 


確かにこうしないと
描けないですよね(笑)
ニュースにもなっていましたよ★

迫力満点 今にも飛び出る!? 幅40メートル 高さ9メートル/東京新聞
 

広島を拠点に活躍する世界的なグラフィティ・アーティストのSUIKOさん(36)が制作した。市の鳥フクロウをモチーフに「飛翔(ひしょう)する」イメージを描いた。

ふむふむ。
フクロウがモチーフだったのですか~。
言われてみるとちょっと納得♪

行政がかなり協力してくれているので
壁をキャンパスにしちゃうというような
より大きなレベルのアート活動もしやすい
といえるのかもしれませんね、取手では。

なので、アートを志す方は是非
東京藝術大学を考えてみてください★

取手キャンパスは駅から離れていて
行くのはちょっと不便ですけど!
(そのぶん創作活動には没頭できそうな環境…笑)

 

ということで、
今回は取手市に完成した
巨大壁画についてのお話でした!

それでは! 

最新情報を配信しています★ @zono_tariki
>

ゾノの他力本願ブログ